これから色んなことをチェンジします!!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能作 錫(スズ)で出来たタンブラーを銀座松屋でゲット!!
2011年04月10日 (日) | 編集 |
お疲れ様です。





送別品購入を任されている上原です。





自分が購入した会社の商品が、グーグル急上昇ワードで一番となっていたので驚きです!!






先日、チームの先輩への送別品購入するため、銀座へ向かった!!






お酒が好きな先輩だったので、美味しいビールが飲めるジョッキを購入しようと考えていた!!






そして、偶然私は、銀座松屋で出店していた能作という会社が製作するタンブラーに出会った!!






能作は、元々仏具を富山県で製造する老舗という説明をうけ、説明員の方から「技術を生かし、風鈴や、食器等、インテリア雑貨にも、という素材を生かし、その高い技術で、タンブラーを製作しています」と教えてもらった!!




私は、これまでという金属をあまり知らなかったが、金、銀に次ぐ高価の素材ということで、を調べてみた!!






『』は能作社ホームページから抜粋!!

錫(スズ100%)

『錫は金、銀に次ぐ高価な金属であり、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性をもち、金属アレルギーにもなりにくい素材です。その歴史は古く、紀元前1500年頃の古代エジプト王朝では錫の道具が用いられていたと推測され、日本でも正倉院に錫製の宝物が納められています。また、錫の器に入れた水は腐らない、お酒の雑味が抜けて美味しくなると言われ、古くから酒器や茶器などに 使われていました。能作の錫は、純度100%です。通常は硬度を持たせ切削性を高めるために他の金属材料を加えますが、能作の錫はそれらを一切含みません。純度100%の錫は柔らかく、形状や厚さにもよりますが手で容易に曲げることができます。曲げる時にピキピキと音がしますが、これは錫の分子が擦れ合う音でTin Cryと呼ばれています。金属でありながらも人肌に馴染む錫を、生活の様々なシーンでお楽しみください』







4月7日にTBS系『夢の扉プラス』で放送されたということで、一斉に検索されたのだろう!!






それもそのはず、私自身は現物に一目ぼれをし、すぐに購入!!






能作タンブラーにビールをそそげば、綺麗な泡立ちで、美味しいビールがいただけるとのこと!!
※自分用にも本当に購入しようと迷っています(笑)




ビールが大好きな先輩にもこのタンブラーは大変喜んでいただけた!!






テレビを通しても、その高い技術に世の中が反応したということだろう!!





4月8日から公式通販サイトがオープンしたということなので、少し落ち着いてから能作の技術が生かされた商品を堪能したい!!





世の中、自分が知らないだけで、素晴らしい技術が沢山あるんですね!!





また、素晴らしい技術と出会えるようにアンテナはっていきます!!







今日はこの辺で!!






続きはWebで!!






テーマ:普通の日記
ジャンル:アフィリエイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。